PageTop
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マルシン・デリンジャー シルバーABS 8mmBB弾ver

デリンジャー01

「8mmBB弾祭」番外編、借り物レビュー。
「マルシン・デリンジャー シルバーABS 8ミリBB弾バージョン」






デリンジャー02 デリンジャー03

実銃について。 → Wikipedia
デリンジャーとは、小型のポケットピストルの総称ですが、このモデルは「レミントン・ダブルデリンジャー」をモデルアップしています。

今回、ご紹介するモデルは現在発売している「バリュースペック」ではなく、それ以前に発売されていたタイプです。
現在発売中の「バリュースペック」は、フレーム部に「MADE IN TAIWAN」(台湾で製造)の巨大な刻印が有り、インナーバレルがプラスチック製に変更等、コストダウンをしており、価格が半額程度になっています。

デリンジャー05 デリンジャー06
装弾数は2発!
シルバーのメッキは、流石マルシン!綺麗な仕上がりです。パーティングラインは処理されています。バリュースペックでは一部パーティングラインが残っている模様。


デリンジャー08 デリンジャー09 デリンジャー10
↑COP357と比較。
COP357は、やはり「デリンジャー系」というのは無理な気がする・・・

実射性能は、初速が意外にもこのサイズにしては高いようで、短いバレルながらティッシュ箱を余裕で撃ち抜けます。
命中精度は、サイト自体がオマケみたいなモノなので狙いづらさもあり、良いのか悪いのか・・・?
だいたい、狙った所に当たるという感覚。固定ホップがついていますが、このサイズの銃には必要ないと思います。(逆に精度が落ちそう・・・)

初期ロットはガス漏れが多発し、メーカー回収(無償)があったようですが、この個体はセカンドロット以降の製品であり、ガス漏れはありません。

↓社外品で、カート式に変更できるパーツ(8ミリ使用を6ミリカートリッジ式に変更)もあったようです。



デリンジャー04a

問題点は、他の方のレビューを見るとフレームが割れやすいという欠点があるようです。
あとは、マルシン特有の傷がある個体が多いようです。
マルシンは品質管理を・・・

デリンジャー07
総評。

評価点は借り物なので無し。

価格も安いし、6mmと8mmの選択肢があるのでお買い得感があります。
実射性能もソコソコ良いです。
ブラックABS版なら「MADE IN TAIWAN」の刻印は凸型モールドなので、紙ヤスリなどで削り落してしまい、コンパウンドで磨けばリアル度がアップできます。シルバーABS版はどーしようもないですが・・・
ブラックABS版をオススメします。←私も欲しい!


↓8mmBB弾を体験してみたいという方には、8mm版。


↓普及率が高い6mmBB弾を使用したいなら、6mm版。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ienakashooter.blog.fc2.com/tb.php/21-ead58181







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。